お湯洗顔は「肌荒れ」シワ顔の要因!どうすれば良いのか?

乾燥肌 洗顔 美容
この記事は約4分で読めます。

洗顔する時「お湯で洗顔」をする人がほとんどだと思います。「お湯で洗顔」は気持ち良いですし、油汚れも落ちてすっきり感がありますよね。

特に、冬の寒い時期はそう感じる人も多いのではと思います。

でも、「お湯の洗顔」は洗顔後すぐにお肌の突っ張り感を感じますよね。

その状態(お肌の突っ張り感)ってお肌に良くないんです。

ワタシは、若い時はお湯での洗顔後でも、あまり突っ張り感は感じたことがなかったので、「洗顔」に対して特に意識したことはあまりありませんでした。

でも、いろいろ調べたり、体感してみると、年齢に関係なくお肌ケアの基盤とも言える「洗顔」のことは、もっと知るべき必要があるのかもしれませんね。

そこで今回は、

「お湯洗顔は「肌荒れ」シワ顔の要因!どうすれば良いのか?」

と題して、

ワタシの「お湯での洗顔法」についてご紹介いたします。

お肌に突っ張り感がなくしっとりしていきますので、ぜひお試しくださいませ。洗顔

お湯洗顔は「肌荒れ」シワ顔の要因!

ワタシは、以前は朝と夜に2回洗顔剤で「お湯洗顔」していました。

しかも、結構ゴシゴシ洗顔をしていました。洗顔した後は、化粧水・クリームで肌を整える。

まあ一般的ですよね。

お湯洗顔の手順は、お湯で顔を軽く洗ってから洗顔剤を適量手にとり、手のひらで泡を立てて洗顔するという、まあ、普通の人がやっている洗顔をしていました。

これ、全てNGということを知ったのはつい最近のことです。

キッカケはひょんなことからだったのですが、

100円ショップでこの商品を購入して使うようになってから、「洗顔」のことについて勉強するようになりました。

  • お湯で洗顔剤を使う洗顔は「1日1回」に
  • 洗顔剤の泡はとにかくきめ細かな泡にする
  • ゴシゴシ洗わない
  • お湯で洗顔した後は必ず「お水」で肌をしめること

お湯洗顔は「肌荒れ」シワ顔にならないためにどうすれば良いのか?

お肌には無数の毛穴と汗腺(汗の出る穴)があります。

この穴(毛孔)は皮脂を出し肌に潤いを与える役目と、油ですので酸化して肌にダメージを与える2つの側面があります。

つまり、お湯で顔を洗うという行為自体は、

肌に潤いを与える皮脂と皮脂が酸化した脂、2つともに洗い流すことになります。

脂を洗い流すことが出来るので、スッキリ感がでてくるのですが、当然肌の艶感はなくなります。

お湯は皮膚の新陳代謝を良くさせますので、
肌の表面が荒れる=肌の老化の原因

になります。

お湯で洗顔剤を使う洗顔は「1日1回」に

基本的に朝の洗顔はお湯またはお水だけでしています。

最初は少しスッキリ感がなくなりますが今は慣れました。

朝洗顔しないほうが良いという極端な方もいらっしゃいますが、睡眠中の汗による酸化した汚れは「ニオイの原因」にもなりかねませんので、ワタシはあまりオススメしません。

洗顔剤の泡はとにかくきめ細かな泡にする

100均で何気なく買った商品だったのですが、この泡立て器を使ってからもう手放せません。ネットで泡立てていましたが、結局めんどくさくなりやらなくなったのですが、コチラは、絶対、おススメですよ。

洗顔剤を適用出します。

シュポシュポすると・・・・

これだけ、きめ細かな泡になりますよ!!

ゴシゴシ洗わない

ゴシゴシ洗ってしまうと、必要な皮脂や皮まで傷つけてしまいます。反省です。

顔を泡で包み込むよう泡を顔に置く感じで洗う。決して擦らない!

お湯洗顔した後は必ず「お水」で肌をしめること

さらに、洗顔後は化粧水でパッティングしてから保湿効果の高いクリームを使用しています。

プラスアルファで以下の記事の商品も合わせて使っています。

ミラブルの化粧水をミスト噴霧させる商品|悪い口コミまとめ
ミラブルがコマーシャルなどで大々的に宣伝しています。お風呂のミストは、温泉施設にも常備されていて、毛穴の汚れを細かなミストにより除去される効果が期待できるようです。実際ワタシも、そのマイクロバブルのある温浴施設はよく利用していますが、たしかに肌がすべすべになり、スッキリした感じがあります。

まとめ

今回は「お湯洗顔は「肌荒れ」シワ顔の要因!どうすれば良いのか?」と題して、ワタシのお湯での洗顔のやり方についてご紹介しました!

  • ポイントは
  • お湯で洗顔しても、最後は水で肌をしめる
  • きめ細かな泡で顔を包み込むように洗う

でした。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

美容
sammyをフォローする
脚・足についての専門サイト~からだマネージャー

コメント

タイトルとURLをコピーしました
google-site-verification: googlea0dddc4026801f22.html