業務スーパーの業務用冷凍ブルーベリーが価格破壊!チリ産?農薬が心配?

ブルーベリー 積極的に取り入れたい食品
この記事は約3分で読めます。

業務スーパー」って最近テレビでよく観るけど。「業務スーパー」の「業務用冷凍ブルーベリー」の価格が安すぎる?っていうけど、安すぎるって少し心配なことが・・・!!産地は何処なの?チリ産?それとも、中国?輸入食品だと「農薬」が心配なんだけど・・・・

そこで今回は、「業務スーパー業務用冷凍ブルーベリーが価格破壊!チリ産?農薬が心配?」と題して、こういった疑問に、実際に購入して、商品を実際に食してみてパッケ-ジ・商品である冷凍ブルーベリーを細かく調べ疑問に答えていきます。

ブルーベリー

本記事の内容

・業務スーパーの冷凍ブルーベリーの価格(値段)っていくらなの?どのくらい入っているの?
・業務スーパーの冷凍ブルーベリーってチリ産なの?中国産なの?それともどこ産なの?
・業務スーパーの冷凍ブルーベリーは輸入品らしいので「農薬」が心配!

ブルーベリー

業務スーパーの業務用冷凍ブルーベリーの価格(値段)が知りたい

価格は税込で「429円」です。

内容量は下の写真のように「500g」となっています。

ちなみに、賞味期限は購入時で焼く2年ありますので、非常食としても常備しておいても良いようですね。

ただし、「業務スーパー」の輸入食品の価格や内容量は、輸入品ですので為替の影響や、産地の状況、天候などの外部要因で変更することも多いようですのであくまでも「参考」としてください。ブルーベリー

業務スーパーの冷凍ブルーベリーってチリ産って聞いたことがあるけど「産地」はどこ?

写真のように、「カナダ産」です。

原産国のカナダはアメリカに次ぐブルーベリーの生産量が多いとのことです。そういえば、ブルーべ-って南国か北欧?って勝手にイメージしていましたが、アメリアやカナダが多いようですね。

ブルーベリー

業務スーパーの冷凍ブルーベリーは輸入品らしいので「農薬」が心配!

「口の中に」入るものですので心配ですが、「業務スーパー」では「安全安心の取り組み」として以下の項目で厳しいチェック体制があるようです。

  • 衛生管理、重要管理工程
  • 異物混入防止
  • 残留農薬
  • アレルギー
  • 包装素材

厳しい「商品開発事前チェック」を経て商品化されます。

さらに、製造工場での品質への取り組み」として現地工場で厳しきチェックされます。そして海外から日本に入国後も専門スタッフによる厳正な「品質安全検査」を経て商品化されます。送品化された後も、商品検証」と称して、お客様の声を生かして日々継続的改善をしているとのことです。

ザックリと説明しましたが、詳細は業務スーパーのホームページにかなり詳しく(本気で読むと1時間位掛かりますが・・・)記載されていますので、ご興味ある方は覗いてみてください。

  • 現地工場チェック
  • 品質安全検査
  • 商品検証

ブルーベリーの主な成分(豆知識)

別名:ヌマスノキ・アメリカスノキ

ビタミンA・ビタミンE・食物繊維が豊富に含まれている。
ポリフェノールの1種「タンニン」が踏まれていて「タンニン」には「収れん作用」があり、荒れてしまった腸の粘膜を保護する役目がある。水溶性食物繊維の「ペクチン」。ちなみに、「タンニン」と「ペクチン」は下痢を改善する効果があるようです。さらに、強い抗酸化作用のアントシアニンが含まれよくCMやサプリメントで「目に良い」って言われるように「機能性果実」ということです。ヨーグルト

まとめ

今回は「業務スーパー業務用冷凍ブルーベリーが価格破壊!チリ産?農薬が心配?」と題して、「業務スーパー」の「冷凍ブルーベリー」について調査してみました!

個人的には、ヨーグルトに混ぜたり、バニラアイスに混ぜたり、炭酸で割ったりして食べています。コスパ最高ですし、健康やお肌やメにも良さそうですので、ぜひ常備しておきたいものですよね。

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました