第4章で展示されている作品

第4章で展示されているのは、フランスで起こった新印象派の影響を強く受けた、オランダとベルギーの画家の「点描主義」による作品になっています。フランスで印象派の動きから影響をうけて、ジョルジュ・スーラーによって理論化され点描画の新印象派のオランダ・ベルギー画家による作品が豊富に展示されています。ヘレーネ・クララー=ミュラーによって収集された作品の数々は「新印象派」の作品に焦点を絞って収集されていただけに、その豊富な点描主義の作品のコレクションがここまで集うことは、未だかつてないほどです。第4章ではフランスで創始した新印象派の点画主義と分割主義が、どのように周辺のベルギーやオランダで広がりを見せたか。という点に着眼した展示になっています。

出品作品リスト ~Ⅳ~ベルギーとオランダの分割主義

20世紀最大のコレクションのクレラー=ミュラー美術館所蔵作品が来日!点画主義にフォーカスした美術展

20世紀最大のコレクションのクレラー=ミュラー美術館所蔵作品が来日!点画主義にフォーカスした美術展 イメージ